fc2ブログ

崇徳上皇の史跡 通説と真相 2022 06/30 23:18

先日、香川と高知に散策旅行に出かけましたが、香川では崇徳上皇の史跡巡りをしてきました。二年前、崇徳上皇のご命日に白峰陵を訪れましたが、その続きでの史跡巡り。

さて、ブログ記事を書くために、再度、崇徳上皇についての本を開き、また、ネット上でも崇徳上皇についての歴史を調べることになりましたが、崇徳上皇讃岐配流地について、古書「白峯寺縁起」から真相を明かそうとする記事を発見。

この記事を読むと、今回巡ってきた史跡は、ほとんどが通説である史跡でした。史跡を見ながら、いろいろと想像を巡らすことはできたものの、確かに、なにかしっくりこない感覚になっていた。

個人的に感じたことを詳しく書くと、通説である史跡でも大切に思っている人もいると思うので、これは避ける。あと、さらに調べていると、崇徳上皇暗殺説について様々と論議されていることが分かった。

さて、崇徳上皇が暗殺されたことが書かれた古書は、三代物語、翁媼夜話、讃州府志のようです。以下、ネットで調べられたこと。

「三代物語」は、江戸時代の郷土史家、菊地武信、増田正宅、増田休意の直系三代にかけて讃岐の国を歩き、見聞きしたことをまとめたという。先ず、「三代物語」が作られ、これを改編し「翁媼夜話」とし、藩主に献上したところ「讃州府志」の名が付けられた。

これらの書を創作と指摘する記事もありましたが、江戸時代の郷土史家が見聞きしたことをまとめた書であるなら、創作とは少々違うかも。ただ根拠はないということにはなる。しかし・・・。

写真は、崇徳上皇が暗殺されたと伝わる場所に建つ「柳田」の石碑。

柳田石碑


さてさて、今回いろいろ調べていて、ちょっと気が付いたことがあった。

白峯陵には、ほととぎすと崇徳上皇の交流を描いた「玉章木(たまずさのき/ケヤキ)の伝説」があり有名らしいです。以下、白峯陵の説明板より。

都を慕われた崇徳上皇はほととぎすの鳴き声にも都をしのばれ「鳴けば聞く聞けば都の恋しきにこの里過ぎよ山ほととぎす」と詠じられました。ほととぎすはその意を察しその後はこの大木の葉を巻いてくちばしを差し入れ、声を忍んで鳴いたといいます。その巻いた葉の形が玉章(手紙)に似ているためほととぎすの落し丈、玉章と呼ばれその葉を懐中すれば必ずよい便りがあるといわれ若い男女には殊に珍重されています。

白峰寺 玉章木説明板


「玉章木の伝説」って、どこからどのようにして語り継がれたのだろう?調べましたが分かりません。

二年前、白峯陵に出向いた翌日、京都の「崇徳天皇御廟所」と「白峯神宮」にも散策にいきましたが、「白峯神宮」で突然風が吹き、神宮境内の木々の葉が舞いまして、気が付くと肌に一枚の葉がくっついていました。持ち帰り調べると、ケヤキの葉でした。

崇徳天皇からのメッセージじゃないかと思い、大切に保管していましたが、今回「玉章木の伝説」についてシッカリ読むことになり、玉章木ってケヤキということが分かった。

このケヤキの葉、引越しで失くしそうになったのですが、部屋を明け渡す前に部屋を見に行ったら、部屋のど真ん中に落ちていましてね。以降、崇徳上皇についての本にシッカリ挟んで、失くさないようにしてます。

ケヤキの葉


スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

梅雨の時期の散策旅行 2022 06/27 22:19

あっという間に梅雨が明けてしまった!しかも、しばらく猛暑日が続く!

平日にちょこっと香川と高知に散策旅行に行っていましたが、わずかな梅雨の時期に散策旅行に行くことになり。。。

梅雨ではありましたが、それほど天気は悪くなかった。しかし、ある場所に到着したとたん突然雷が鳴り響き、30分後バスで移動中に豪雨になった。

高知って、天候が変わりやすいんですね。

バスで浦戸の「坂本龍馬記念館」に向かいましたが、海岸通り沿いの松林が豪雨で霞んで見え、長谷川等伯の「松林図屏風」を思い出したりした。

写真は、高知県高知市浦戸の「坂本龍馬記念館」よりの風景。
水墨画のような風景が、とても良かった。

高知県高知市浦戸 桂浜にて


テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

梅雨本番・蒸し暑い!でもバテていられない。 2022 06/22 21:06

梅雨本番だ。今のところ朝晩は涼しいけど、日中は凄く蒸し暑い。

今年の梅雨は気温が高く、梅雨が明けていないのに真夏日が続くらしい。関東地方の天気予報を見ると、週末から30~34度の日が続いている!爆

昨日少々用事があって、二時間ぐらい外に出た。歩いているだけでジュワーッと汗。でも、この軽い運動で汗を流したおかげで、今日は体調が良い。夜も良く眠れた。

さてさて、七月から職場が変わる。基本在宅勤務とは聞いているものの、しばらく出社になるでしょう。梅雨の蒸し暑さでバテていられないぞ~!

関東地方の梅雨明けは、七月中旬ごろになるらしい。

写真は、五月の散策旅行で撮った、梅雨入り前の関西方面の風景。
梅雨入り前とはいっても、結構暑かったけどね。

滋賀県 大津 琵琶湖


京都 四条大橋より 鴨川


大阪 天王寺駅より 通天閣


テーマ : 写真
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

デジタリアン  Kei Y

デジタリアン Kei Y
歴史と史跡巡り好きデジタルクリエイターの気まま日記。創作の肥やしにするための散策日記。赴くままに日常の色んなこともダラダラ書きとめています。

管理画面

文章や画像の転載を禁止します。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも一覧
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
リンク
リンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
ブログ内 検索